loading

BENT LOW STOOL / HIGH STOOL

”Tube flattening” originally refers to the technique of flattening a junction in order to affix a metal pipe using welding or a bolt.
The flame of supporting the seating surface is bent at a sharp angle and give a new roles as chair legs.
The bending pressure flatten the pipe as if melting and hold another leg tightly.
To strengthen this stool without spoiling its refined design‚the junction is welded again from the other side solidly.
This is a new harmonized furniture with minimal materials and ”Tube flattening” technique.

DESIGNER KODAI IWAMOTO DESIGN
SIZE LOW STOOL : W420 x D346 x H513 mm
HIGH STOOL : W420 x D355 x H630 mm
VARIATIONS Black
MATERIAL Steel‚ Alminium
(Powder coated)
PRICE LOW STOOL : ¥14‚000
HIGH STOOL : ¥17‚000
more information

BENT LOW STOOL / HIGH STOOL

Tube flatteningとは本来、溶接やボルトでパイプを固定する為に、ある箇所を平らにつぶす古来の技法を指します。太いパイプが座面を保ちつつ、方向を変え座面下に斜めにスッと伸び、後ろ脚となっている。一本の太いパイプが鋭角に角度を変えるときに、まるで熱で溶けたように前脚のパイプに沿って潰れてホールドしています。
そのデザインを崩すことなく、イスとして保つために接合部は裏面からもしっかりと溶接固定しています。最小限のパーツとTube flattening の特性を生かして作られた新しい家具です。

デザイナー KODAI IWAMOTO DESIGN
サイズ LOW STOOL : 幅420 x 奥行き346 x 高さ513(SH513)mm
HIGH STOOL : 幅420 x 奥行き355 x 高さ630(SH630)mm
種類 ブラック
素材 フレーム:スチール・座面:アルミニウム(粉体塗装仕上げ)
価格 LOW STOOL : ¥14‚000(税抜)
HIGH STOOL : ¥17‚000(税抜)
詳細はこちら